https://news.careerconnection.jp/?p=34694

現金が出品され物議を醸していたフリマアプリ「メルカリ」で、今度は換金できる
パチンコの特殊景品が出品されていることが発覚した。ネット上では、メルカリ側
と出品者側の「イタチごっこ」だとして話題になっている。

メルカリをめぐっては、現金の出品が「マネーロンダリングにつながる恐れがある」
として22日に禁止に。その後、1万9500円チャージされたSuicaが、2万2800円と
いった価格で出品された。

Suicaのチャージ金額はそのまま買い物に使えるだけでなく、手数料220円を払えば、
払い戻しをして現金に換えることもできる。しかし、こちらもメルカリによって即座に
出品が削除された。

次に登場したのが、紙幣でできた「魚のオブジェ」だ。1万円札を折って、魚の形に
したものをで、アート作品だと強弁できなくもなさそうだが、こちらもすぐに削除された。

続いて登場したのが、パチンコの特殊景品だ。パチンコでは、出玉を特殊景品と交換し、
さらにそれを景品交換所で換金する「三店方式」というシステムがある。
今回メルカリには、特殊景品の一つ「金景品」としてプラスチックケースに入った
純金計1.0グラムが7800円で売られていた。キャリコネニュースが都内の景品交換所に
聞いたところ、5500円で換金できるという。

■メルカリ広報「パチンコの特殊景品については、現在確認中」

メルカリでは、現在使われている紙幣や硬貨の出品は元々禁止されていた。
しかし現行の通貨でも希少価値の高いものを取引したいというユーザーからの要望があり、
今年の2月に出品を解禁したところだった。同社の広報担当者は次のように語った。

「2000円札や穴の位置のずれた5円玉など現行の貨幣でも希少価値の高いものはあります。
こうした商品を売買したいというコレクターからの要望があり、出品を解禁しました」

しかし希少価値があるとは思えないただの紙幣が出品されたため、「不正な取引につながる
恐れがある」として方針を変更。4月22日には現金の出品が再度、禁止された。

それ以降、Suicaや紙幣でできた「魚のオブジェ」が出品され、イタチごっこになってしまったの
はすでに述べた通り。パチンコの特殊景品については、まだ確認中だという。

「パチンコの特殊景品については、現在確認中ですが、近いうちに削除されると思います。
現在、出品されている商品については目視で確認しており、不正な取引につながりそうなものは
削除しています」

不正な出品かどうか判断するのが難しい場合もあるが、「出品者の他の商品も確認し、
個々に判断をする」という。

現金に換えられる商品を出品する人と購入する人、そして同社の間でイタチごっこが
繰り返されているのが現状だ。次は一体どんな商品が出品されるのだろうか。

コメント一覧
もう全部メルカリがやれ
最近ヤフオクにまで○様専用なんて出品がされるようになった。
パチンコの特殊景品って
どこの店でも買い取ってくれるの?
みんな考えるもんだなー
いやいや、一回閉鎖しろよ
カ−ド推進派大恥だろ
現金なら4万円が4万7300円で売れるんだぞ
もちろんやってはいけないことだが
カ−ドと現金どちらに価値があるかはキャッシュ派の大勝利でいいんですよね?
カ−ドさんたちは
パチンコ台も
会員登録が警察署でしか出来ないようにすればいい
メルカリは違憲!