配給会社から資料としてDVDを借りて、試写して紹介文を書く、という仕事をしている。

 

と言っても、ごくごく短い記事なので、こんな程度の文章力でなんとかやってられるだけで。

 

むしろ、映画のことをブログに書こうって思った理由の1つなのかもしれないなあ。受け取ったものを、文字にして誰かに伝える能力が欲しくて。

 

いい映画だった、とか、俳優がすごかった、とか、感動した、とか、泣いた、とかじゃなくて、

 

映画の要素を分けて、どこがどういう風に優れているのか、を書けるようになりたくて。

 

できないことは、これまでやってきてないこと。まだ、これからの人生は長い。少しずつ、積み重ねるよ。