本屋さんで、ずいぶん前から気になっていることがある。

 新書のスペースの多さである。マイナスばかりのタイトルを堂々と平済み。派手派手しい帯。手に取るのさえイヤになる。

 「発想法」など、ていねいに分析した新書はない。
f:id:munosan:20150128142303j:plain
 新書ブームも去って、売れる時代でないない。金儲け目当てに出した版元は、そろそろお引き取りねがいたい。

 若者むけにだしても、紙では買わない昨今、団塊向けにじっくり読ませるものがあってもいい。

 この世代はメディアがひとくくりするほど、均一ではない。人口減少社会で労働力にならない高齢者の山を築くのである。

 数の多い世代が一斉に老後に突入していくとき、この国で老いることの「見本」を目のあたりにする。

 高村薫さんの分析本が、読んでみたいものだ。